逆指値(ストップ・オーダー)


指定した価格以上で買う、または、指定した価格以下で売る、という注文方法。
逆指値を決済時に用いて損失を確定する場合は、ストップロス・オーダーともいう。

指定された価格になった時点で発注されるので、逆指値が成立する時は、スリッページが発生する可能性がある(なので以上、以下という表現になる)。特に市場が荒れている時は、スリッページが大きくなり易いので注意が必要。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。