FX取引の税金

FX取引の利益にかかる税金は、通常、非取引所為替証拠金取引と呼ばれるものなので、2005年8月現在、スワップも含め雑所得の総合課税に分類される。つまり、所得に応じて税率が上がる。また、損益は株式の譲渡益等とは通算できないので注意が必要。

例外として、取引所為替証拠金取引(くりっく365)を通した売買は、申告分離課税が適用されるので、20%の定率に加え、日経平均先物、金先物等との損益通算が可能。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。