インフレ


インフレとは、物価が上昇し、通貨の価値や信頼が下がる経済状況のこと。


ブローカー


ブローカーとは、手数料を取って売り手と買い手を結びつける個人もしくは企業のこと。


相対取引


相対取引とは、取引所の様な場所に取引したい人が集まって売買するのではなく、売り手と買い手が一対一で直接取引する事。=OTC


管理フロート制


管理フロート制とは、為替レートを市場メカニズムに任せる形をとるものの、通貨当局が常に介入して、一定の水準に為替レートを保つ制度。

例えば、2005年7月、中国人民銀行は人民元レートの通貨バスケットを参考にした管理フロート制採用を発表した。

管理フローと制は、固定相場制の1つ。


通貨バスケット制


通貨バスケット制とは、複数の通貨レートの平均値を自国通貨と連動させる制度。

例えば、2005年7月、中国人民銀行は人民元レートの通貨バスケットを参考にした管理フロート制採用を発表した。

通貨バスケット制は、固定相場制の1つ。


ペッグ制


ペッグ制とは、通貨の価値を異なる通貨にペッグ(釘付け)する制度。

例えば、2005年現在、香港ドルは米ドルにペッグしている。

ペッグ制は、固定相場制の1つ。


公定歩合


日本銀行が、一般の金融機関に貸し出しを行う際の金利。


ロング(Long)


ロング(Long)とは、新規に買う事。

または、買い持ちの状態の事。

⇔ショート


ショート(Short)


ショート(Short)とは、新規に売る事。

または、売り持ちの状態の事。

⇔ロング


為替差損


為替差損とは、外貨を購入した時のレートと、売却した時のレートの差によって生じる損失の事。

⇔為替差益


為替差益


為替差益とは、外貨を購入した時のレートと、売却した時のレートの差によって生じる利益の事。⇔為替差損


日銀短観


日銀短観とは、日銀短期企業経済観測調査の略で、3月、6月、9月、12月に発表される経済動向の事。


機関投資家


機関投資家とは、利益を得る目的で市場に参加する大口の団体。

生命保険会社、信託銀行、年金基金、政府系金融機関等を指す。


仲値


仲値とは、銀行などの金融機関が、対顧客向けに決めた各通貨の取引基準レートの事。

仲値の値は、毎日10時の公示レートを基に決められる。

これに手数料を上乗せした値で、顧客は銀行で売買する事になる。


IMM(International Monetary market)



IMMとは、International Monetary marketの略で、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)にある国際通貨市場の事。


T−BOND(Treasury Bond)



T−BONDとは、Treasury Bondの略で、米国長期国債の事。通常は30年債を指す。



TTS(Telegraphic Transfer Rate)


TTS(Telegraphic Transfer Rate)とは、銀行が顧客に対して、外貨を売る時のレート。

⇔TTB


TTB(Telegraphic Transfer Buying Rates)


TTB(Telegraphic Transfer Buying Rates)とは、銀行が顧客から外貨を買う時のレート。
⇔TTS


基軸通貨


基軸通貨とは、国際間の貿易の決済通貨として使われたり、各国の外貨準備通貨として広く用いられる通貨の事。国際通貨とも呼ばれる。

2005年現在の基軸通貨は米ドルといわれている。


信託保全


信託保全とは、顧客から預った資産を金融機関に信託し、保護すること。
万一の事態が発生しても、保護されている資産は返還される。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。