ホットマネー


ホットマネーとは、より大きく儲かる投資機会を狙って国際的に瞬時に流れ込む投機資金の事。

日本語では、国際短期浮動資金。


為替変動リスク


為替変動リスクとは、為替の変動によって利益を得るチャンスがある反面、損失を被る危険もあるという事。

外国為替証拠金取引に限らず、外貨預金、MMF等外貨投資についてまわるリスクである。


流動性リスク


米ドルやユーロなどのメジャー通貨については、通常高い流動性がある。ただし、主要国の祝日や取引量が非常に少ないマイナー通貨については、レートが表示できないケースもある。

天変地異、戦争、政変、為替管理政策の変更等、特殊な状況下では、取引困難になる可能性もある。



システムリスク


ネット取引が主流のFXではシステムダウンのリスクが伴う。システムが障害に合った時はどの様な対応が望めるか、例えば、電話での取引が可能か等のチェックも必要。

リスク分散の為に複数の会社に口座を持つ人も多い。保有ポジションが何かのトラブルの為に決済出来ない場合、他の業者で同通貨を同額反対売買をしておけば、差引で損失を防ぐ事ができるからだ。



カントリーリスク


為替レートは、政治と大きな関わりがある。戦争・テロ・政局・社会情勢等が急激に変化した場合は、大きく為替が変動する可能性がある。日本に住んでいると、戦争やテロに対しての感覚があまり敏感に働かないので、その点は特に注意したい。

2005年7月の元切り上げ時は、数時間で為替が大きく変動した。

また、例えば日本が地震大国である様に、その国やエリア特有のリスクについても、認識が必要である。


レバレッジ


FX取引では、会社によって、最大200倍程のレバレッジをかける事ができる。これは、資金が少なくても効率的に利益を上げられる点で、非常に魅力的である。が、レバレッジを大きくするほど、大きく儲ける事ができる反面、大きな損を出す危険も高くなる。

株式の信用取引を利用した場合のレバレッジは3倍程度。にも係わらず、信用取引は危険だと認識されている。それを考えると、FX取引でのレバレッジ管理が非常に重要だと理解できると思う。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。